食材NEWS

食材NEWS

  • 食材NEWS2020.01.25
    【イイダコ】卵を持った冬が旬

【イイダコ】大粒の卵が詰まっているのを「飯」にたとえ、この名がつきました。卵を持った冬が喜ばれるため、いまが旬。煮つけにするのが一般的です。写真は兵庫県明石から来たオス。市場では「スボ」と呼ばれ、子持ちのメスより安く取引されています。全長30cm前後の小型のタコです。

PAGE TOP