食材NEWS

食材NEWS

  • 食材NEWS2020.02.13
    奈良時代からの食材

【メカブ】刻んでパックされたものを年中見かけますが、旬である今の時期は生鮮品も手に入ります。メカブはワカメの根元にある胞子葉(ほうしよう)で、ワカメとともに奈良時代から食材になっていたそうです。湯通しすると鮮やかなグリーンになるとともに、粘り気が増します。三杯酢や酢醤油で。

 

PAGE TOP