食材NEWS

食材NEWS

  • 食材NEWS2020.03.21
    【ホンビノスガイ】東京湾にすっかり定着

【ホンビノスガイ】北米東岸が原産地。1998年に東京湾で発見され、2000年代に湾内各所で定着した外来種。北米から船体に付着したか、バラスト水に混じって運ばれたようです。二枚貝のスープであるクラムチャウダーはアサリが多いですが、本場の米国ではホンビノスガイを使います。焼き貝や酒蒸しなどで。

 

PAGE TOP