市場関係者へのお知らせ

市場関係者へのお知らせ

  • お知らせ2020.11.01
    豊洲市場の新型コロナウイルス感染症対策

 豊洲市場では、生鮮食料品を安定供給するためにも、新型コロナウイルス感染症対策を行っております。東京都と市場協会が協力し、「市場内での厳守ルール」を定めるほか、様々な取り組みを実施しており、各企業においても、時差出勤や事務所内の感染症対策などを行っています。



「市場内での厳守ルール」

 豊洲市場では昨年、市場内での厳守ルールを定め、関係団体を通じ広報したほか、市場内各所に掲示しています。
 市場ではマスク着用が義務化されています。また、出勤前の検温、体調不良時に出勤しないなどの原則を呼びかけています。医師等の指示によりPCR検査を受検する場合や陽性が判明した場合、濃厚接触者に指定された場合は、所属団体を通じて市場協会への報告をお願いします。

 市場を継続的に運営するため、ルールに従わない場合は、注意などを行うほか、行政処分の対象となる場合もあります。

 冬場の感染拡大、2度目の緊急事態宣言発令などもあり、特に、次の点について適切な対応をお願いします。

  • ・保健所からの濃厚接触者等の調査に協力し、速やかに指定された書類を提出すること
  • ・市場内は全てのエリアで常時マスク着用義務
    •   電話中やターレ・フォークの運転中のあごマスク禁止
    •   飲食中にマスクを外した時は会話を控える
    •   飲食後は速やかにマスク着用
    •   車内にマスクを忘れた場合は、取りに戻り着用のこと
  • ・6台ある検温カメラで発熱が確認された場合は、直ちに体温計で体温を測り直し、発熱がある場合は速やかに医療機関等に相談すること
  • ・喫煙所では向かい合っての喫煙を控え、会話及び飲食をせず、喫煙終了後には速やかにマスクを着用して退出すること

市場内のコロナ対策の一例

 市場内では様々な感染症対策(ハード面)を行っております。

  • ・市場ルールの掲出、横断幕の設置(各所)
  • ・検温・マスクの確認(各街区入り口1箇所、5:00〜15:00)
  • ・検温カメラの設置(各街区2台、24時間)
  • ・セリ場でのマイク使用、アクリル板等の設置
  • ・事務所内、食堂等でのアクリル板等の設置
  • ・屋内喫煙所の使用中止
  • ・施設見学の一時休止


《検温カメラ》

 市場では出勤前に検温することがルールです。予防の観点から、各街区に2台ずつ検温カメラを設置し、24時間稼働しています。37度以上で注意、37.5度以上で警告となります。注意・警告者についてはアラートが鳴るほか、録画されます。対象者には各団体より確認がなされる場合があります。

 検温カメラは額の表面温度を測るため、実際の体温と異なり、低く表示される場合や、脱帽後などに高く表示される場合があります。異常が検知されましたら、実際に体温計で測り直してください。

【管理団体】
 ・管理施設棟1階…豊洲市場協会
 ・水産卸売場棟2階…水産卸協会
 ・水産仲卸売場棟1階…東卸組合
 ・青果棟1階…青果連合

PAGE TOP