【クロシビカマス】黒光りする体に鋭い歯を持つクロタチカマス科の魚。水深100~750mに生息。写真の千葉県(鴨川)では「えんざら」、神奈川県小田原や伊豆諸島で「すみやき」などと呼ばれます。小骨が多いため厄介ですが、脂がのった身はとても美味しい。骨切りにして塩焼きや煮つけのほか、刺身でも。