【カタクチイワシ】上あごが下あごに比べて大きいことが「片口」の由来。背が青黒いので「背黒いわし」、ほかに「しこいわし」、「たれくち」などとも呼ばれます。写真のような大型は刺身などで食べますが、ふつうは、煮干し、しらす干し、田作りなど稚魚を含めて加工品になっていることが多い魚です。