【ハモ】関西の魚のイメージが強いものの、いまや日本の夏を代表する魚。活魚入荷が主で、活〆などをして出荷します。ハモは肉間骨と呼ばれる多数の小骨が頑丈なため骨切りが必要です。そこが料理人の腕の見せどころですが、骨切りした商品もあります。「はもちり」のほか、焼き物や揚げ物、椀種など。