食材NEWS

食材NEWS

  • 食材NEWS2020.01.20
    【ヤマトシジミ】砂抜きは塩水で旨味アップ

【ヤマトシジミ】1年中入荷し、流通量が多いシジミです。宍道湖、涸沼、小川原湖、十三湖などが主産地。漁獲量が大幅に減少しているため、湖沼や河川ごとで漁業管理をしています。砂抜きは塩水を使うと旨味が増します。汁物のほか、炒め物などでも。「寒シジミ」といわれるのは、「マシジミ」のこと。

PAGE TOP